タイの本事情一覧

 タニヤプラザの1階にある泰文堂書店本店。最近はフリーペーパーの配布をしておらず、日本人客が徐々に遠のいてきています。

 世界日報でできた早刷りをゲットする裏技、他社でもできるのか?と思っているのですが、どうなんでしょうか。

 世界日報社では、最後の時事ニュースの原稿を午前0時頃に締め切り、DTP(美工)から印刷(印務)に回すのが、午前1時過ぎ。

 世界日報社では、紙面は3部構成になっていて、差し替えの影響を受けない文化面から早い時間に刷ります。

 ガイドブックの1冊丸ごとコピーに使われるのが、タイのコピー屋さん。A4用紙1枚あたり1バーツでも高く、学校の近くにあるところでは2枚で1バーツが主流になっています。