バンコクで日本語の本を入手しようとすると、日本の定価の1.5倍から下手すると2倍。古本でも程度が良かったりすると、日本の定価並みの価格がつきます。日本語の本全体が希少だろといえばそれまでですが、特にひどいのが「地球の歩き方」。

 タイ編で、現行の1版前にあたる「'08~'09版」が、スクンビットのある古本屋で600バーツ。発売当時の定価は1,730円でしたが、今日現在の為替レートで換算しても1,620円。ちなみに、2版前の「'07~'08版」でも550バーツ。ちょっとやりすぎ!