前にも触れたパフラット・ガードワラシークの朝食。実際に食べに行ってみます。

 食事は朝8時から10時半まで。ただし日曜日のみ、8時30分からと遅くなります。お寺の中に入ったら、男女別になっている靴置き場に靴を預けます。靴下はOKですが裸足が望ましい。大通り側の入口から入って、左側が女性、奥が男性用の靴置き場です。
 上に上がる前に、ターバンを頭に巻くことが必要です。異教徒の場合は備え付けの頭巾を頭に巻いて2階に上がります。