一方で、古くからの大陸系華僑に支持されている中国語紙が3紙あります。世界日報にトップを譲り、現在2位の「星暹日報」は1951年創刊と最も古い歴史を誇り、世界日報が採用する横書き文に抵抗のある高齢の華僑1世、ないしは2世によく読まれています。

 「京華中原聯合日報」は、ヤワラーを拠点に活動する大陸系経済人に広く読まれており、賀詞と呼ばれる華僑社会内のお祝いやお悔やみの広告が最も多く出稿されています。

メインメニュー

タイの中華文化一覧

携帯サイト