2位は、中国です。1万冊程度が常に出回っているそうです。

 中国の場合、「新華僑1世」の起業家がタイに帰化せず、「華僑永久居留」資格で在留する例が増えてきているため、発行部数は今後も伸びそうです。
 もっとも以前は、同化政策が厳しく、タイの有力企業の幹部となった旧世代の華僑1世はほとんどがタイに帰化し、中国語すら話せなくなる人もいたほどです。学校で中国語を教えることすら、1992年までは禁じられていました。

メインメニュー

タイの中華文化一覧

携帯サイト