エラワンの祠が渋滞の始まり

翻訳会社 タイランゲージステーション

TLSはタイ語の翻訳会社

 TLSのあるアソークを中心とした、スクンビット通りの西行きは常に渋滞しており、511番のバスがオンヌット駅からカオサンまで、3時間を要することもザラです。

 セントラルワールドのあるラチャプラソン交差点が渋滞のネック。ここまで3車線あった西行き車線がラマ1世通りに入るところで減ってしまうこと、そしてシーロムからプラトゥナム方向へ上がってくる車と合流することで、ラチャダムリ通り北行き車線に極端なまでに車が集中するのが原因です。セントラルワールドの前で、信号を待つ大量の車、ご覧になったことがあると思います。

バンコクの渋滞の一覧