ラマ4通りの陸橋、補修へ...3

翻訳会社 タイランゲージステーション

TLSはタイ語の翻訳会社

 ところが、ふくちゃんもよく使う4番や、507番のように、チャイナタウン方面からルンピニのもっと先までラマ4通りを貫く路線だと、もっと大変です。そこで首都圏政庁では、ラマ4通りの地下を走っているMRTブルーラインへの迂回を薦めているのです。

 ファランポーンからシーロムまでは、3分、18バーツ。黄色のエアコンバスで同じ区間を行くと、12バーツです。6バーツの差額で、渋滞を決定的に回避できるので、外国人である我々こそ積極的に利用すべきです。

バンコクの渋滞の一覧