意外にイスラエル人が多いのは

翻訳会社 タイランゲージステーション

TLSはタイ語の翻訳会社

 タイでは、イスラエル国籍者の流動が他のASEAN諸国に比べて多いのも特徴です。

 ASEAN圏ではマレーシアがイスラエル国籍者の入国を事実上禁じており、インドネシアはビザオンアライバルができません。このため、ビザなし渡航が認められているタイまたはシンガポールしか、拠点になる場所がないのです。
 バンコクだとカオサン周辺にイスラエル人の集まる場所が集中しています。ちなみにイスラエルからの入国者は12万人前後で、22位だそう。

旅行者の動向の一覧