イギリスが日本から奪首した

翻訳会社 タイランゲージステーション

TLSはタイ語の翻訳会社

 1位は、なんとイギリスです。42,000バーツで、2005年までトップを続けた日本から首位の座を奪いました。

 スターリングポンドのレート変動が原因とみられていますが、それ以前からずっと上位の常連国で、2004年には3位、2005年の2位、そして2006年は1位と、着実にランクを伸ばしてきました。
 スターリングポンドは1バーツ=55バーツ前後と、一時の70バーツからは落ちていますが、ユーロよりも1割ほど高い水準を保っています。

旅行者の動向の一覧