3位イギリスは教師...如何にも

翻訳会社 タイランゲージステーション

TLSはタイ語の翻訳会社

 3位は、イギリス。入国者総数では4位だったので、じゃあ3位の韓国はどこ行ったの?とお思いの方もいるでしょう。これについては後述します。

 イギリスの場合は、ユニリーバなど多国籍企業の駐在員ももちろんいますが、それに加えて一定の需要がある職種があります。英会話学校の教師になる人が多い。英語ネイティブの国らしい仕事です。ただ、大学卒業証明を偽造してタイで教師になったという事例もあるので、必ずしもいい人ばかりとはいえません。

外国人就労者の動向の一覧