一方、アソークから北に上がるアソークモントリ通り(別名スクンビット21)。ここはラチャダピセーク通りの一部分でありながら車線が少ないため、常に渋滞になります。

 特に、MRTペッブリ駅前でラチャダからアソーク通りに下ってくる南行きはボトルネックになっていてどうしようもない。ラチャダ方面に住んでいるあるスタッフは、MRTができてからは必ずMRTで出勤。136番のバスは、帰りにしか使いません。ペッブリ駅を抜けるのに1時間近くかかることがあり、仕事に遅刻できないとなるとMRTしか選択肢がないのです。

メインメニュー

バンコクの渋滞一覧

携帯サイト