2006年は、日本からの旅行者は史上最多を記録しました。国境通過は129万回に達します。

 この頃から外こもりに対する締め付けがきつくなり、30日ごとのビザクリアによって1年365日ずっとタイにいることができなくなりました。ビザを取得したり、在留をあきらめて日本に帰る人も。そんな中、タクシン元首相を追放するクーデターが起こります。タイは再び世界の信頼を失い、旅行者も激減かと思われましたが、それまでの数字が効きました。

メインメニュー

旅行者の動向一覧

携帯サイト