外国人就労者の動向一覧

 もし、タイに来てプロの格闘家を目指す場合というのは、どうなるのでしょう。

 そのBOIワンストップサービスセンター、今はMRTパホンヨーティン駅近くのラサタワーにありますが、年明け1月から移転します。
 

 ワークパーミットを取る手続きは、通常の勤め人であれば総務の方が労働省に直接掛け合ったり、弁護士事務所に代行を頼んだりします。

 一方で、ミャンマーのシャン州などから無国籍状態で流れてくるタイヤイ族も、難民庇護地域とされるメーホンソン県を出れば、準公民IDカードやワークパーミットの対象になるといいます。

 8位は、フィリピン。5,000冊前後のワークパーミットが発行されています。出稼ぎ労働の国フィリピン。どういう職種についているのでしょう?

メインメニュー

外国人就労者の動向一覧

携帯サイト